アメリカ音楽界の権威とされる『第57回グラミー賞』の受賞結果が発表されました(; ・`д・´)

ということで、益々脚光を浴びるであろう、
グラミー賞受賞/ノミネートしたアーティスト3名の来日公演の情報をまとめてみました。

そのアーティストに興味を持った時には、既に一般発売が終了…完売…orz
でも、まだ諦めないでぇぇ!
一般販売は終了でも、2次流通ならまだチャンスはあるのです。

○●受賞者●○

Sam Smith
”天使の声”と称されるSam Smith(サム・スミス)が主要4部門中の
「年間最優秀レコード」「年間最優秀楽曲」「最優秀新人賞」の3部門を含む最多の4冠を獲得。
レディ・ガガなどの世界中の大物ミュージシャンから高く賞賛されています。
(個人的には視覚からの印象と声のギャップがすごいと思いました)
2月18日には、都内で初の来日公演を行うことが決まっているが、チケットは1分で即完売。プレミアムチケットと化している。
(出典:ORICON STYLE

グラミー賞の結果を受けてか否か、当社内のお取引ランキングでも
じわじわ上位に進出してきています。
BlogPaintBlogPaint
2/9と2/10のランキング、上位に進出中


▶公演/チケット情報(チケストで取扱い中)
Sam Smith Premium Showcase~In the Lonely Hour: Special Live in Tokyo@2/18
Sam Smith 'IN THE LONELY HOUR' TOUR@5/7

※)上記でプレミアムと言われたチケット(Premium Showcase)は、昨日はあったのですが今は売れてしまいました(;_:)

公式HPはこちら(2/18)こちら(5/7)
※一般販売は終了


○●ノミネート●○

Taylor Swift
日本でもTVのテーマ曲として取り上げられ、お茶の間に馴染んでいるアーティスト。
彼女の歌声を聴けば、頭の中でテラスハウスぅ…という脳内変換になっている女子も少なくないはず。
最近はおへそネタでも話題になってました。
グラミー賞を6度受賞、そしてグラミー賞史上、最年少で『アルバム・オブ・ザ・イヤー』(音楽業界で最も名誉ある賞)を 受賞。また彼女は音楽史において、アルバムの初週売り上げを2012年の『レッド』、2010年の『スピーク・ナウ』と2枚連続で100万枚売り上げた唯一の女性アーティストである。
(出典:UNIVERSAL MUSIC JAPAN - BIOGRAPHY


▶公演/チケット情報(チケストで取扱い中)
テイラー・スウィフト ザ・1989・ワールド・ツアーライヴ・イン・ジャパン

公式HPはこちら
※一般販売は終了


Idina Menzel
旋風を巻き起こした「アナと雪の女王」。
グラミー賞では「最優秀コンピレーション・サウンドトラック」部門においてVarious Artistsとして受賞。
ですが、アナ雪と言ったら、本家のイディナ・メンゼルでしょ!ということでピックアップしてみました。

友達の家の子どもたちとコミュニケーションをとるなら
「アナ雪」を歌うか妖怪ウォッチの「ようかい体操第一」を歌うかの2択!と言えるほどの流行りっぷりでしたね。
イディナ・メンゼルは、アメリカ合衆国の女優・歌手。ブロードウェイのミュージカル女優として有名。代表作は『レント』のモーリーン役と『ウィケッド』のエルファバ役。前者ではトニー賞にノミネートされ、後者では同賞を受賞した。
(出典:wikipedia

▶公演/チケット情報(チケストで取扱い中)
イディナ・メンゼル来日公演

公式HPはこちら 
※追加公演は一般販売残あり




以上、広報のしみずでした。






P.S.
ようかい体操第一なら、私はようかインド体操第一の方がおススメです。
あまりのフィット感に気持ちが晴れやかになります。